ボンジョルノ号@車旅

軽バンで車旅をする専門のブログです。

人気のクリスタルガイザーは2種類。その見分け方

今人気で売れているミネラルウォーターは、予想通りアメリカの「クリスタルガイザー」でした。

f:id:tuyomushi99:20181222192012j:plain

クリスタルガイザー「シャスタ産」700ml 2018年12月22日

 

なぜ人気があるのか知りたくて調べていたら、実は2種類のクリスタルガイザーが存在していることが分かってきました。

2種類のクリスタルガイザーは、成分や水源、輸入方法に違いがりましたのでまとめてみました。

 正規輸入品の「シャスタ産」

正規輸入品とは、「日本の総代理店(特定の地域や市場について 独占的に販売権を保持している代理店)を通して輸入している 商品」となっています。
クリスタルガイザーの正規輸入品は、全て原産地が「シャスタ産」で大塚食品が正規輸入者 になっています。

シャスタ産とは・・・

シャスタ産はアメリカ合衆国カリフォルニア州北部の「マウントシャスタ」が水源で、特徴は水の硬度が1L当たり、38mg/Lで軟水です。
また、血糖降下作用やコレステロールの沈着を防ぐ作用があるバナジウムが100mlあたり5.5μg含まれているのも特徴となっています。

並行輸入品は、「シャスタ産」と「オランチャ産」が混在。

並行輸入品とは「日本の総代理店以外の輸入業者が、総代理店の扱うものと同じ商品を原産国や第三国の総代理店から輸入した商品」となっています。
並行輸入品の多くは、安く輸入し日本国内で安く販売されています。
並行輸入品は、「シャスタ産」と「オランチャ産」の2種類が混在していて、買うときに選ぶことが出来ません。一般敵に「オランチャ産」が多くなっているようです。

 オランチャ産とは・・・

オランチャ産はアメリカ合衆国カリフォルニア州の「オランチャ」が水源で、特徴は、水の硬度が1L当たり、 67mg/Lです。軟水と中程度の硬水の境目です。
(参考)日本の水道水の硬度:関東約68mg/L、近畿約45.1 mg/L

 水の硬度の分類(参考)

◆軟水  60㎎/L未満
◆中程度の硬水  60~120mg/L
◆硬水  120~180mg/L
◆非常な硬水  180mg/L以上
出典:WHO(世界保健機関)での定義

 

 「マウントシャスタ」と「オランチャ」の場所

 

 (軟水と硬水を体感した違いです)

軟水
特徴 
・多くは無味無臭で、風味を味わう日本料理や香りを楽しむ飲み物に最適です。 
・ミネラル分が少ないのでお腹にも優しく、赤ちゃんや小さな子どもにも安心。 
・肌や髪にも優しく、洗っても心配は殆どありません。 
・石鹸や洗剤が良く泡立ちます。
・ミネラルが少ないので、体への補給は期待できません。

硬水
特徴 
・独特の味や苦みがあり、風味のある日本料理の味付けには向かないようです。
・カルシウム、マグネシウムのミネラルが多く 体質改善等が期待がもてます。 
・便通を良くする効果があります。おなかが緩くなります。
・ダイエットうぃする場合に人気があり飲まれています。 
動脈硬化心筋梗塞脳梗塞のリスクの軽減に期待されています。
・多量に摂取すると、カルシウムが多いので結石のリスクが高くなります。

まとめ

「シャスタ産」人気の理由は、ミネラル成分の含有率が日本の水道水と同じかそれ以下の軟水で飲みやすく、違和感がないからではないかと推察します。

さらに、大塚食品が総代理店で品質管理と中間コストを削減し、バナジウムが入っている「シャスタ産」を並行輸入品と大差なく安く販売していることも安心材料ですね。

並行輸入品は多くが「オランチャ」産なので、水の硬度が「シャスタ産」よりも硬水に近くなっているため、多少硬水の味がするのかも知れません。

それぞれに良さがあるので、自分にあったクリスタルガイザーを選びましょう。

 

ブログをご覧いただき、ありがとうございました!

にほんブログ村に参加中です

★ワン・クリック頂けたら嬉しいです! ボンジョルノ号より

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

本日はブログをご覧いただき、ありがとうございました!

★にほんブログ村に参加中です★ワン・クリック頂けたら嬉しいです! ボンジョルノ号より

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ
にほんブログ村