ボンジョルノ号@車旅

軽バンで車旅をする専門のブログです。

イタリア旅行  6日目(ミラノ観光 最後の晩餐)

ヴェローナから高速で2時間、ミラノ市内に入る。なんと、市内の壁や建物に落書きがあちらこちらに・・・

芸術のミラノにしては、いまいちな印象で驚く。日本の地下道などでスプレーで書かれた落書きそっくりだ。

今迄古代の遺跡のような建物の町を見てきたが、ミラノは高層ビルが立ち並び都会だ。

レストランで昼食だ。オーナーは日本人。

f:id:tuyomushi99:20180904134435j:plain
f:id:tuyomushi99:20180904134451j:plain

ミラノ風カツレツを頂く。以前読んだ旅行記の通りとても薄いカツで、ころもというよりは片栗粉をまぶしてフライパンで焼いたような感じだった。

いよいよ、後半のメインとなるレオナルドダヴィンチ「最後の晩餐」の見学だ。

午後2時過ぎ、「サンタマリア デレ グラツェ教会」に到着。23名のツアーでの予約はとれないそうだが、今回はラッキーだった。

というのは、この時期イタリアはバカンスでみんな旅行に出かけており、市内がすいているとの事でバスに移動がスムーズだったので、見学もスムースにできたようだ。

 

待合室から自動ドアを通って中に入る。外気が入って汚れないようにしているためだ。

部屋に入ると壁画「最後の晩餐」が目の前に現れた。奥行きがすごい。

もともと2階の壁に書かれていが床が年々下がったため絵も下がったようだ。

絵に描かれているテーブルの上のパンは本来見えないのだが、自然に見えるようにレオナルドは描いた。その構図に驚く。

f:id:tuyomushi99:20180904135917j:plain

f:id:tuyomushi99:20180904135947j:plain

f:id:tuyomushi99:20180904140003j:plain

サンタマリア デレ グラツェ教会

f:id:tuyomushi99:20180904140044j:plain

ドゥオモ 3番目の大きさを誇る

f:id:tuyomushi99:20180904140119j:plain

f:id:tuyomushi99:20180904140139j:plain

お祈りを捧げ、見学を終わる。

いよいよ我々の最後の晩餐です。

毎月2本のワインとテキストでイタリアワインを学習

本日はブログをご覧いただき、ありがとうございました!

★にほんブログ村に参加中です★ワン・クリック頂けたら嬉しいです! ボンジョルノ号より

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ